ナヴィゲーションスキル講習・検定(シルバーレベル)の監修等を行いました

2月26-27日に愛知県豊田市で開催された日本オリエンテーリング協会(JOA)主催ナヴィゲーションスキル講習・検定(シルバーレべル)にてO-Supportの小泉が講習の監修と検定員を務めました。当地でのシルバーレベル講習・検定はコロナ禍直前に開催した2022年2月以来2年ぶり。今回は愛知県内だけでなく、静岡県や関西方面からもご参加いただきました。

国立登山研修所講師の河合芳尚氏を講師陣に迎えて質の高い講習を行えました

今回の講習は中級レベルに相当する内容で、整備された登山道を1人でもナビゲーションできるようになることが目標です。1日目は講習会スタイル、2日目は講習会で学んだことを自分自身で試してみる検定を実施しました。1日目の講習はコース設定や指導計画に携わりましたが、実地での講習は愛知県内のナヴィゲーション・インストラクターの皆さんにお任せしました。久しぶりに他の人の指導の様子を見ることができ、さらに指導経験豊富なインストラクターの皆さんということで今後に活かせるアイデアを得ることができました。

小グループに分けて少人数指導を心がけています

2日目は検定は問題作成や検定員を担当しました。講習会に出るだけでナヴィゲーションスキルを身に付けることは簡単ではありません。講習会では「ご自身でも地図とコンパスを持って使ってださいね」と言って締めくくることが多いのですが、やっぱりなかなかその機会を持てないまま忘れてしまう、、、という話もよく聞きます。緊張感あるなかで自分自身で考え試し、時に間違え失敗してみることでナヴィゲーションスキルは身についていくものと思いますので、検定結果よりも今回の経験が皆さんの財産になると思いますし、ぜひこの感覚を多くの方に体験していただきたいなという思いも強くしました。

春を感じる日差しと冬を感じる寒風が混じる猿投山山麓でしたが、毎回新しい道が発見される奥行きのあるフィールドで楽しいです。ブロンズレベル、シルバーレベルを複数回開催し、最難関ゴールドレベル開催へのリクエストも頂いています。今後の発表にご期待ください。

▲ページ上部へ戻る