研修プログラム例 チームで取り組むナビゲーションゲーム

企業・学校向け研修 > 研修プログラム例 チームで取り組むナビゲーションゲーム

チームで取り組むナビゲーションゲーム

  • 野外でのプログラムです。
  • 3~5人1組で行います。
  • ゲーム自体は2~3時間の範囲内で行うことが多いです。前後に説明や振り返りの時間を設けると全体で4~5時間の研修となります。
  • フィールドにはいくつものチェックポイントが設置されています。チェックポイントにはそれぞれ点数が決められていて、遠いほど、見つけにくいほど高得点です。
  • スタート時、各チームに与えられた地図にはわずかなチェックポイントだけが示されています。そのチェックポイントをチーム内で分担して探し出します。
  • 各チェックポイントには隠されたチェックポイントへのヒントが置かれています。しかしどこにどんなヒントがあるのか行ってみないとわかりません。また1つのヒントだけでは見つけ出すことができません。散らばったメンバー間の情報集約が必要となってきます。
  • さらに後半になると険しい場所へと入り込んでいかなくてはいけません。疲労も出てくる中、チームメンバーの状況をみて役割分担をする必要も出てきます。
  • さらに制限時間までに戻って来れないと大減点にもなります。ぎりぎりの状況下での決断力も問われます。
  • チーム内のコミュニケーションとリスクマネジメント、リーダーシップが問われる総合的研修プログラムです。
  • ゲーム後の振り返りも研修効果を得るためのポイントの1つです。
  • 安全面や研修効果を考慮して精度の高いオリエンテーリング用マップが利用できる場所で行うことを推奨しております。地図精度の高さは偶然の可能性を抑え、分析力が問い、研修効果よりを高めます。(※新規エリアでの地図作成も承っております。地図作成費用が別途必要になります。)
▲ページ上部へ戻る