南アルプスマウンテンマラソンに運営協力しました

11月20日に静岡県川根本町で開催された南アルプスマウンテンマラソンのコースディレクターをO-Supportの小泉が担当しました。

川根本町はご存知のとおりO-Supportの所在地です。町で開催される本格的なマウンテン・ランのレースということで光栄なことに運営本部の皆さんに声をかけていただき、コースディレクターとして参画しました。

コース原案は大会プロデューサーの望月将悟氏が作成し、それに沿って細かなコース取りや安全管理計画、人員配置、コースマーキングなどを担当しました。トレイルランではなく、マウンテンマラソンという名称にしたのは、「ロードランナー、トレイルランナー両方が楽しめ川根本町に多くの人が訪れてくれるようなに大会にしたい」、「山を走ったことがない人でも自然の中を走る楽しみ喜びを感じられるコースにしたい」という想いがあってのことという話をうかがい、テクニカルになりすぎないよう、タフになりすぎないよう、コースを選定しました。

また紅葉した大井川流域の山々から静岡の街、富士山までが望める眺望のよい場所を選び、目でも楽しめるコースにしました。とはいえ、南アルプスの入口にあたる山域なので、山に上がるあたりはどうしてもきつい場所ができてしまうのですが、それも含めて南アルプスらしさ、川根本町らしさを演出できたのではないかと思います。

初回ということもありレース運営に関してはまだまだ十分ではないところもあったかとは思いますが、今後も継続的に開催され、町を盛り上げるイベントの1つになれる可能性を感じるレースでした。今後も少なからずお手伝いできればと願いつつ、多くの方にご参加いただけたことに一住民として感謝いたします。

今回の山域はいつもトレーニングに使っている場所なのでこれまでの経験を大いに活かすことができました

今回の山域はいつもトレーニングに使っている場所なのでこれまでの経験を大いに活かすことができました

思いのほか応援に出てくれる方が多く、今後の可能性を感じました

思いのほか応援に出てくれる方が多く、今後の可能性を感じました

今回は折り返しコースとしました

今回は折り返しコースとしました


▲ページ上部へ戻る