第7回伊豆大島ジオパーク ロゲイニング大会の競技ディレクターを務めました

11月2日(土)、第7回伊豆大島ジオパーク ロゲイニング大会が開催されました。今回もO-Supportの小泉がコースディレクターを担当しました。

三原山をバックに

前回は2月の冬シーズンに開催しましたが再び秋シーズン開催に戻り、かつ台風シーズンを外しての11月開催となりました。みつまップの協力も得て、夏のうちには調査を終えコースも組み終えていましたが、9月に房総半島に大きな被害をもたらした台風15号は伊豆大島にも大きな爪痕を残し、一時開催も危ぶまれました。しかし、自粛ではなく開催することで島に元気を与えたいという主催者である観光協会の意向あり、競技エリアを変更しての開催となり急きょポイント変更、コース組み直しを行いました。

恒例の裏砂漠のフラッグポイントもありました

元々な島の南部を利用しての開催を予定していましたが、組み直したコースは北部と裏砂漠、それから南部の一部までを入れ、島の西側半分を使うような形となりました。しかし、この変更がこれまでにない新鮮なコース展開を可能としました。御神火スカイラインや林道のほとんどは台風の影響で通行止めとなっていましたが、それでも北に南にと幅広いルートチョイスを提供でき、不幸中の幸いといった感じです。

プランニング中

また今回も全てのチェックポイントに複数のチームが訪れており、コースプランナーとしては嬉しいところです。

スタートの様子

次回開催も前向きに検討中とのことでまた大島で皆さんにお会いできることを楽しみにしています。何より今大会開催に当たって尽力された皆様、参加してくださった皆様に厚く御礼申し上げます。

公式ウェブサイトには成績表や写真が掲載されますのでぜひご覧ください。

大会ウェブサイト:http://www.izuoshima-rogaining.com/

表彰式の様子、今年も豪華景品を多数用意していただきました


▲ページ上部へ戻る