静岡大学公開講座「安心登山のための読図とナヴィゲーションスキル」の講師を務めました

5月6日に開催された静岡大学公開講座「安心登山のための読図とナヴィゲーションスキル(中級編)」にて静岡大学村越真教授と共にO-Supportの小泉が講師を務めました。

毎年秋に開催している中級編ですが、今年は村越教授が‎南極越冬隊に参加する関係で春の開催となりました。毎回コースを変えながら開催している中級編ですが今年は静岡市の駿河区葵区の境界にある丸子の山塊を使って、丸一日フィールドでの講習を行いました。スタートは今川ゆかりの徳願寺、ゴールは宿場町丸子のコース。

天気はよい予報のはずが、朝から雨がパラつくあいにくの天気。序盤を除き眺望もなく、タフな登り下りもあるストイックなコースでしたが皆さんめげずに現在地把握やルート維持、先読みなどのナヴィゲーションに挑戦されていました。

午後からは晴れてきましたが、最後の砦は丸子城址。空堀土塁など地形図では十分表現できない城跡の細かな地形の中で現在地を確認するという難度の高い課題でしたがそこまでに学んだ内容を活かしてみなさん果敢に挑戦されていました。課題としてはあまり汎用性のないものですが、このようなお遊び的な課題にも取り組んだりしながらナヴィゲーションの楽しさに触れ、できるようになる楽しさを身に付けていただきたいと思いながら講習コースを組んでいます。


▲ページ上部へ戻る